マンション 売る

あなたのマンションはいくらで売れる?

たった1分であなたのマンションが査定額が分かります。
まずは無料で一括査定をする。

不動産業界を知るにはレインズの仕組みを知る

レインズとは、Real Estate Information Network Systemの頭文字を取ったもので、
全国4つの公益法人によって運営されている不動産物件情報交換のための
コンピューターネットワークシステムのことを言います。

 

これはマンションや住宅など不動産の購入や売却を考えている全国の業者と
顧客に安心できる情報を提供することを目的に作られたシステムなので、
現在では不動産の流通に欠かせないシステムになっています。

 

よってほとんどの不動産業者はレインズに登録・加入しているのが現状です。

 

今までは不動産物件情報は大手が圧倒的な情報量を誇っていましたが、
レインズの登場により零細不動産業者でもレインズに登録することで、
大手と同等の情報を入手できるのが一番のメリットです。

 

また、レインズに登録している不動産業者にしか見る事の出来ない物件がデータベースに
あるため、レインズに登録していない不動産業者と大きな差別化を図ることが出来ます。

 

このレインズの登場で不動産業界の地図は大きく変わり「革命」とも言われています。

 

では具体的不動産業者は現場ではどのような流れになっているのでしょうか。

 

例えば顧客から中古マンションの売却を依頼された不動産業者はレインズに物件情報を登録します。
すると翌日か翌々日にはレインズに加入している不動産業者のもとに「新着物件」として情報が届きます。
それを見た他の不動産業者は自分のお客様にその新着物件が合いそうであれば、
売りに出した不動産業者から物件の資料を取り寄せます。
そして、取り寄せた物件情報を自社のお客様に提出するといった流れになっています。

 

さらに、店頭や電話で「こんな家を探している」と問い合わせがあれば、
お客様の希望に沿った物件が売りに出されていないかレインズ内で検索をすることもできます。

 

今までは知り合いの不動産業者間で電話やFAXのやり取りで、
物件を探していた時代と比べたらものすごくスピード感があり、
顧客満足にもつながっています。

 

このように一昔前の不動産業者は超アナログ的な仕事をしていましたが、
レインズの登場によりデジタル化が進んでいます。

あなたのマンションはいくらで売却できるか無料でチェック!!

マンションを高く売るなら最初にやるべきことがあります。
無料!簡単!複数の不動産会社を比較しましょう。