マンション 売る

あなたのマンションはいくらで売れる?

たった1分であなたのマンションが査定額が分かります。
まずは無料で一括査定をする。

評判の良い不動産仲介会社に決める

マンションを売却するうえで、
不動産会社(仲介業者)の選定は一番重要です。

 

ではなぜ一番重要なのでしょうか?

 

 

マンションを高く売るにはそもそも買主がいなければなりません。
マンションを買いたいと思っている人に情報を届ける必要があります。

 

 

売主のあなたと買主を繋ぐ役割が不動産会社(仲介業者)となるわけです。

 

 

悪い不動産会社につかまると、
希望より安く売却されてしまったり、
買手を見つけてくれないケースもあります。

 

売却より買取の方が儲かるマンションの場合は
「買手が見つからなかったので買取します」とウソをつかれて、
低額でマンションを手放さなければならない事もありますので、
不動産会社はしっかり見抜いていきましょう。

 

詳しくは【Bよい不動産会社(仲介業者)選び方】で説明いたします。

 

 

売買契約の流れ

 

不動産会社(仲介業者)に査定をしてもらい何度も打ち合わせを重ね、
信頼できる良い不動産会社が見つかったら、
その不動産会社と媒介契約をすることになります。

 

あなたのマンションの売却をお願いする契約です。

 

その媒介契約も3種類あります。

 

 

実によくできていて、
頭を悩ませる選択肢が3つあるということです。

 

1、一般媒介契約
2、専任媒介契約
3、専属専任媒介契約

 

です。

 

 

ひとつずつ説明しますと、

 

1、一般媒介契約というのは、
複数の不動産会社に売却をお願いできるし、
自分で買主を探して売却することもできます。

 

メリットは自由度が高いので、
複数の不動産会社に合見積りが取れることで、
価格の競争を起こさせることが出来るのと一般公開できるため
情報が広範囲に広がりやすい。

 

 

デメリットは不動産会社の立場だと、
自分の会社で売却できない可能性が高いため、
宣伝広告に費用をかけれない為、
買主が見つかりずらいことが言えます。
また複数の不動産会社とのやり取りが生じるため
対応が大変。

 

 

 

2、専任媒介契約というのは、
売却は1社にしか依頼できないが、
自分で買主を探して売却することができます。

 

メリットは1社に絞るので打ち合わせが楽なのと
売却が決まった場合にその不動産会社へ確実な手数料が
支払われるので不動産会社のモチベーションが上がりやすい。

 

デメリットは情報がその不動産会社次第なので、
やる気のない所につかまると情報が広く広がりずらい。

 

 

 

3、専属専任媒介契約というのは、
売却は1社にしか依頼できないし、
自分で買主を探して売却することもできない。

 

メリットは1社に集中して相談できることと、
広告宣伝や販売経過など週に1回の報告義務があるので
密に情報共有ができる。

 

デメリットは悪い不動産会社につかまると、
広告宣伝しているフリをされて売却できず、
値下げや買取を提案されてしまうケースもある。

 

 

以上の事を表にまとめると下記のようになります。

 

他社への依頼

自分で買主を

見つける

レインズ登録

成約努力義務

報告義務

1、一般媒介契約

OK

OK

任意

努力義務

なし

2、専任媒介契約

NG

OK

契約終結後

7日以内

積極的努力義務

2週に1回以上

3、専属専任媒介契約

NG

NG

契約終結後

5日以内

積極的努力義務

1週に1回以上

※有効期限は全て3ヶ月以内

 

※レインズについては【こちら】を参照ください。
※媒介契約のメリット・デメリットについては【こちら】をご参照ください。

 

 

>>>中古マンションの売出価格を決定する(価格戦略)


あなたのマンションはいくらで売却できるか無料でチェック!!

マンションを高く売るなら最初にやるべきことがあります。
無料!簡単!複数の不動産会社を比較しましょう。