マンション 売る

あなたのマンションはいくらで売れる?

たった1分であなたのマンションが査定額が分かります。
まずは無料で一括査定をする。

マンションは売るか買取どっちがお得?

賃貸よりも売却の方がリスクが少ない事は【マンションを売るか貸すか?】で説明しました。

 

では売却でも一般の人への販売と業者への買取と2種類あります。

 

売却と買取は何が違うのでしょうか?

 

 

売却はこのホームページで説明してきたように、
あなたのマンションを一般の人に対して売却する方法です。

 

売主と買主の関係ですね。
その間には不動産会社が仲介に入り売買を成立させていきます。

 

 

買取は売る相手が一般人ではなく不動産会社になります。いわゆる転売になります。

 

不動産会社はマンションを安く買取りリフォームなど付加価値をつけて
一般人に高く売る。
その利幅が利益として生まれる仕組みです。

 

ではあなたがマンションを売りたい場合、
売却と買取どちらが得なのでしょうか?

 

 

こちらもメリットとデメリットがありますのでまとめてみました。

 

 

不動産会社へ買取を依頼した場合のメリット・デメリット

メリット

デメリット

早くに現金化できる     安くしないと売れない
短期間で売れる  
瑕疵担保責任が免除  
仲介手数料が無料の場合あり  
内覧会の必要が無い  
近所や会社にバレずに売れる  
住宅ローン残債務処理は不動産会社がやってくれる  
ハウスクリーニングなど売却の為の費用はかからない  

 

このように一長一短はあります。
というよりメリットの方が多いです。

 

しかし、唯一のデメリットが一番のデメリットでもあります。

 

 

 

買取は売却と比べて手間なく確実に売れる反面、
売却より安くなってしまうという最大のデメリットがあります。

 

 

時間を取るかお金を取るかと言えばいいでしょうか。

 

 

あなたの今の状態や今後のビジョンによって判断は異なりますので、
慎重に決断をしていただけたらと思います。

 

 

>>>トップページに戻る


あなたのマンションはいくらで売却できるか無料でチェック!!

マンションを高く売るなら最初にやるべきことがあります。
無料!簡単!複数の不動産会社を比較しましょう。