マンション 売る

あなたのマンションはいくらで売れる?

たった1分であなたのマンションが査定額が分かります。
まずは無料で一括査定をする。

誠実な不動産会社(仲介業者)を選ぶポイント

いよいよ中古マンションを高く売るために一番大切な部分となりました。

 

どんなに良い物件であっても不動産会社(仲介業者)が悪ければ
高いものも高く売れません。

 

なぜならあなたが売却したいマンションとマンションを買いたい人を繋ぐ
重要な役割が不動産会社(仲介業者)だからです。

 

 

よって一番大切な事はスキルが高く誠実な不動産会社を選ぶ必要があります。 

 

では不動産会社を選ぶ3つのポイントは、

 

1.その不動産会社の文化は?
2.その不動産会社の得意分野は?
3.不動産会社の担当者を査定する

 

です。

 

 

不動産会社のスキルと誠意ある担当者を見抜くポイントになります。

 

 

1.その不動産会社の文化は?

 

あなたがマンションを売るときには不動産会社の担当者が
あなたの味方になってもらわなければなりません。

 

あなたの話をしっかり聞いてくれてあなたを大切にしてくれる
誠実な不動産会社を見つけなけばなりません。

 

まずはその不動産会社のホームページに記載されている
社長のメッセージを熟読しましょう。

 

社長の考え方がその会社の文化になっているからです。

 

そして査定に来てもらったら質問をしましょう。
例えば「〇〇エリアにあり広さは〇〇くらいありますがいくらで売れますか?」
といった質問をしてみます。

 

その場で「だいたい〇〇万円くらいすると思います」
と即答してきたら注意しましょう。

 

なぜならエリアや広さだけでは概算の金額が出るわけではなく、
売主であるあなたの事情も大きく左右しますので、
逆に質問をしてきてあなたの事を知ろうと努力する不動産会社は
誠実と言えます。

 

不動産会社によっては、
あなたの事をあまり考えずに、
出来るだけ早く多く売主と契約したいと思っている所もあります。

 

商売なので契約は取らなければならないのは分かりますが、
あなたの立場になって親身に話を聞いてくれる文化がある不動産会社を選びましょう。

 

 

 

2.その不動産会社の得意分野は?

 

実は不動産会社にはいろいろな種類(業務内容)が存在しています。

 

浅く広く対応するデパート型不動産会社や専門特化した不動産会社があります。

 

あなたは「中古マンションの売却を得意としている会社」を選ぶ必要があります。

 

 

参考までにどのようなタイプがあるかご紹介します。

 

 

・大規模開発を得意とした不動産会社
・新築マンションや新築一戸建ての建設と販売に強い会社
・大型マンションの賃貸を得意とした会社
・マンション転売を得意とした会社
・個人相手ではなく商業用の不動産を仲介する会社
・住居用ではなく倉庫物件を得意とした会社
・マンションの賃貸を得意とした会社
・マンションの売買を得意とした会社

 

 

などがあります。

 

 

 

また、キャッチコピーに〇〇専門の〇〇不動産と表示されていればわかりやすいのですが、
社名は〇〇不動産と表示されている事が多く、
なにが得意か見抜くのが難しいと思われます。

 

でも実はヒントがあります。

 

 

見抜くポイントは

 

・チラシを見る
・店頭に掲示している物件を見る
・ホームページを見る

 

ことで予測が出来ます。

 

 

チラシは限られた紙面の中で物件を紹介しなければならない媒体です。
不動産会社としても一番得意な物件を大きく載せたりたくさん載せたくなるものです。

 

店頭に掲示している物件も同じように、
一番目立つところにどんな物件が掲示されているかチェックします。

 

ホームページも同じ要領ですね。

 

このように

 

一番目立たせたい物件=その会社の得意分野

 

という方程式が成り立ちます。

 

 

 

3.不動産会社の担当者を査定する

 

清潔感があるか

 

「人は見た目が9割」という言葉があるように、
初めて会った時の第一印象が大切になります。

 

査定に来てもらった時がその時になります。

 

あなたが受けた印象は正しいので、
そこで「ちょっと・・・」と思ったら不動産会社を変えていきましょう。

 

当たり前の事ですが

 

・スーツがヨレヨレになっていないか
・髪の毛はバサバサになっていないか
・靴下に穴が開いていないか
・靴に穴が開いていないか
・玄関を上がるときに靴は揃えて上がるか
・口臭は
・爪はキレイに切れれているか

 

など清潔感がなければNGです。

 

一流の営業マンはメモ帳やペン一つとっても、
ブランド物を使用しているものです。

 

不動産会社のとって商品は物件ではなく
営業担当者なのです。

 

清潔感のない担当者はあなたの物件を丁寧に扱えるとは思えません。

 

よって信頼をおける担当者ではないという事になります。

 

 

話をしっかり聞く姿勢があるか

 

不動産会社の担当者はあなたの味方になってもらわなければなりません。

 

業者の立場でいろいろと提案するのも良いですが、
基本的にあなたの相談に乗る役割でもあります。

 

相談内容が深くなると、
解決策も難しくなるのですが、
全て即答する担当者は注意した方が良いです。

 

 

わからないのにわかるフリをして対応されると
後々のトラブルの原因になります。

 

 

わからないものはわからないと言ってくれて、
「調べて報告します」と誠意を持った対応が出来る担当者は信頼できます。

 

 

 

スキルが高く、向上心がある

 

当然ですが、マンションの売却というのは数千万円単位のお金が動く事柄です。

 

いくら清潔で話を聞く担当者であっても、
スキルが低ければ話になりません。

 

実際、マンションの売却の仕事には宅地建物取引主任者の資格がなくても出来ます。

 

しかし、宅地建物取引主任者の資格がなければ、
契約時に契約書の記名や押印が出来ません。

 

よって資格を持っていない担当者だと、
宅地建物取引主任者を呼んで契約終結前に行う重要事項の説明をしたり、
宅地建物取引主任者に契約書の記名や押印をしてもらわなければなりません。

 

 

この部分については百歩譲っても良いですが、
マンションの売却活動は長期戦になるため、
その間に資産の背景や税金、世の中の状況など
さまざまな視点で相談にのってもらえるスキルがないと
あなたは担当者に頼ることが出来ません。

 

資格がすべてではないですが、

 

スキルを向上させるために「宅地建物取引主任者」の資格や
「ファイナンシャルプランナー」「不動産コンサルティング技能士」などの資格を持っていて、
日々知識と向上心を持って仕事に取り組んでいる担当者が良いです。

 

 

>>>不動産会社(仲介業者)は複数で比較する

 


あなたのマンションはいくらで売却できるか無料でチェック!!

マンションを高く売るなら最初にやるべきことがあります。
無料!簡単!複数の不動産会社を比較しましょう。