マンション 売る

あなたのマンションはいくらで売れる?

たった1分であなたのマンションが査定額が分かります。
まずは無料で一括査定をする。

マンションの売買契約【手続き書類/注意点/流れ】

売買契約の手続き書類について

 

いよいよ買主も決まり売却の手続きになりました。
人生で一番大きな買い物が住宅の購入です。
個人が販売する最大の売り物も住宅だと思います。

 

そこにはさまざまな契約書の書類があります。

 

基本的には不動産会社(仲介業者)が作成し、
説明をしてくれるので安心です。

 

 

売主が必要な書類は、

 

・売買契約書(土地・建物売買契約書)
・重要事項説明書
・物件状況確認書
・設備表
・支払い約定書
・領収証
・その他

 

 

買主が必要な書類は、

 

・実印
・本人確認書類
・手付金
・仲介手数料半金
・印紙代

 

があります。

 

詳しく知りたい方は
【送料無料】 徹底解説 不動産契約書Q & A / 杉本幸雄 【単行本】
をどうぞお手に取ってください。

 

 

場所は不動産会社で行うのが一般的です。

 

 

 

売買契約における注意点

 

手付金・手付期日

売買契約時には必ず買主は手付金を不動産会社に支払いをします。
手付金は売却価格の5〜10%程度で法律では決められていませんが、
20%を超える手付金は受け取ってはならないとなっております。

 

また買主が契約解除する場合は支払った手付金を放棄することで解約ができますが、
売主が契約解除する場合には手付金+手付金と同等の額を買主に支払うことで解約ができるようになっています。

 

手付期日は双方の理解があれば自由に決める事が出来るため、

 

 

売主としては短い期日にしておく方が、
買主の気分が変わるリスクを取り除くことが出来ます。

 

 

住宅ローン特約

売買契約が成立する前に買主は住宅ローンを組むのが一般的です。
しかし買主に支払い能力がない場合ローン審査が通らない事があります。
このリスクを避けるために契約書で住宅ローン特約を結ぶ必要があります。

 

この住宅ローン特約を結んで入れば、
買主がローンの審査が通らなかった場合、契約を白紙に出来るようになります。

 

そもそも買主の支払い能力は、
契約の以前に調べておくことをお勧めいたします。
ギリギリになってローンが組めないでは、
それまでの時間とコストを無駄にしてしまうことになりますので。

 

 

 

瑕疵(かし)担保責任

売主には瑕疵担保責任があります。

 

「瑕疵(かし)」という聞きなれない言葉ですが、
簡単に説明するとマンションの部屋の見えない欠陥があった場合
売主が責任を取るという事です。

 

水回りのトラブルや雨漏りなどがそれにあたります。

 

責任期間は2〜3ヶ月が一般的になっています。

 

 

危険負担

危険負担というのは契約を取り交わした日から引き渡し日の間に
地震や火事など売主も買主も原因ではない自然災害により、
壁にヒビや破損などが起きてしまった時に、
どちらが責任を負うかを事前に取り決める特約の事です。

 

 

契約を取り交わした日に引き渡しが出来れば問題はありませんが、
実際はそのように行かないケースが多々あります。
そのタイムラグ中に自然災害があった場合、
法律的には買主の物なので買主が責任を全て負う事となりますが、
あまりにもかわいそうなので危険負担という特約が出来たようです。

 

 

契約書の確認

言うまでもありませんが、契約書の確認はしっかりしていきましょう。
人生で一番高額な売買です。

 

何かあった場合のトラブルの原因にもなりますので、
分からない事は不動産会社にしっかり質問をしておきましょう。

 

双方納得したうえで取引が成立することで、
トラブルなく気持ちよくその後の暮らしが出来るようになります。

 

 

>>>マンション売却後の決済当日の流れ


あなたのマンションはいくらで売却できるか無料でチェック!!

マンションを高く売るなら最初にやるべきことがあります。
無料!簡単!複数の不動産会社を比較しましょう。